> > 住宅購入の基本的な流れ

住宅購入の基本的な流れ

住宅の購入は、大きな買い物です。失敗しないためにも、基本的な流れを知っておきましょう。
ただし、状況に応じて変わる場合も多々ありますので、常に以下の説明通りに進むわけではないことをご理解ください。

資金計画を考える

〇購入したい住宅は何か。新築or中古? 一戸建てor分譲マンション?
〇資金計画を考える。物件価格+諸費用はいくらかかるか。 
 支払いのための自己資金、親からの援助、住宅ローンの金額などを見積もります。
〇購入時期をいつにするか

物件を探す

〇広告をチェックする。広告を比較する。
〇物件を見学する。不動産会社に案内してもらう。モデルルームや住宅展示場などを見学する。
〇物件を絞り込む。
〇中古住宅の場合、住宅診断を行う。リフォーム予算を検討する。

住宅ローンの申し込み、住宅ローンの事前審査

〇購入申込書の提出、申込金の支払う。
〇価格交渉、代金の支払い方法や引渡し時期の確認する。
〇住宅ローンの事前審査を行う。

購入契約、手付金の支払い

〇重要事項説明。 これが一番大切です。わからないことがあれば、どんどん質問しましょう。
〇売買契約を締結する。
〇手付金の支払う。

住宅ローンの申し込み

〇金融機関に住宅ローンの本申込をする。
〇審査と融資の承認を待つ。
〇融資ができない場合は、原則、解約して購入中止となります。

物件を確認する

〇備品や設備などの建物の状態の確認します。
〇境界位置の確認

残代金の支払いと鍵の引渡し

〇住宅ローンの実行、残代金の支払い
〇鍵の引渡し
〇登記申請



不動産を購入する場合、喜びが先行し、部屋の間取りや設備に関心が行きがちです。
しかし、不動産には瑕疵(キズ)がついている場合があります。
この瑕疵の確認を怠らないようにしてください。
瑕疵を見落とした場合、後に大きなトラブルが生じる場合があります。
この瑕疵の確認を行うのが重要事項説明です。
失敗しないためにも、重要事項説明についてあらかじめ知識を得ておきましょう。


Access

〒544-0006
大阪市生野区中川東2-4-3

TEL:06-7509-3188
受付:AM9:00‐PM5:00
定休日:水曜日

お問い合わせフォーム